うな富士について

~本店の味を再現できる環境~

これまでも国内外から誘致や、暖簾分けの依頼などが多数あった。
うな富士の味を再現するのは難しいと考え、
国内外から誘致や暖簾分け、これまで多くの誘いをかたくなに断ってきた。
熟練の職人が育成されたこと。
うなぎの地焼きに炭火が使える「日比谷OKUROJI」。
この二つにより、名古屋で提供しているまったく同じ味、
同じ盛りつけを再現できる環境が整ったため、
東京出店へと至った。

~うな富士の歩み~

平成7年(1995年)創業、
日本を代表する愛知県名古屋市屈指の
うなぎ料理の名店。
元飼料メーカー勤務の創業者水野が、メーカー時代に初めて味わった白焼きの美味しさに心打たれ、
この美味しさをたくさんの方に味わっていただきたいという思いが、
うな富士の原点。
脱サラを経て、全国各地の著名なうなぎ店で修行、1995年、50歳で店を開いた。

創業100年以上の老舗うなぎ屋が多いなか、わずか25年でミシュラン掲載や食べログ百名店での選出など、
数多くのうなぎ店が軒を連ねる愛知県という〝うなぎ激戦区〟で常に高い評価を得ている。

 

~うな富士の仕入れ~

◆幻のうなぎ”青うなぎ”◆

うな富士では一般的なうなぎ屋のうなぎの
”3割以上大きい”特大青うなぎのみを使用している。
身の厚さや脂の乗り方、旨味は格別。
うなぎの全体の収穫量のわずか2割、
本当に旨いうなぎだけを仕入れます。

◆仕入れの秘密は独自ルート◆

創業者水野のメーカー時代の繋がり、
また、毎朝市場に足を運び築いた各地の養鰻業者さんとの繋がりが
安定した仕入れを可能にしています。

 

~うな富士の技~

◆うな富士の「裂き」◆

うなぎの裂き方には背中から包丁を入れる背開きと、
仰向けにして腹から包丁を入れる腹開きの2種類がある。
うな富士では腹開きにこだわっている。
これによりうなぎの肝がぷりっとしたきれいな形で取り出せる。
うな富士ではこの丸々と肥えた肝を乗せた、
肝入りうなぎ丼や肝入りひつまぶしが名物の一つでもある。
長焼きにした時のふっくらとした見た目と、
裂いた時に取り出す肝のかたちにこだわり、腹開きを貫いている。

 

◆うな富士の焼きは1000度を超える炭火の「地焼き」◆

うな富士のうなぎは
大きく身の厚い青うなぎ。
この青うなぎ本来の味を最大限引き出すには旨みや脂肪分を閉じ込められる
超高温での地焼きが最適なのだ。
外はぱりぱり中はふっくらの絶品青うなぎをご提供いたします。

◆門外不出の「タレ」◆

創業者水野がサラリーマン時代に独学でタレを研究。
全国のうなぎ店を食べ歩き、
店で分けてもらったタレの糖度と塩分濃度を分析し、
名古屋で好まれる味を完成させた。
創業以来継ぎ足してきたタレ。
今まで分けたことのない
門外不出のタレをご堪能ください。

お問い合わせ
ご予約はこちら

お問い合わせ・ご予約はこちら

店舗情報

炭焼 うな富士 有楽町店

炭焼 うな富士 有楽町店

住所
〒100-0011
東京都千代田区内幸町一丁目7番1号
日比谷OKUROJI
アクセス
JR 新橋駅 日比谷口徒歩3分
JR 有楽町駅 日比谷口徒歩6分
東京メトロ銀座線 新橋駅A13出口 徒歩6分
東京メトロ日比谷線 新橋駅 C3出口 徒歩6分
電話番号
03-6457-9688
営業時間
日比谷OKUROJIに準ずる。
  • 炭焼 うな富士 名古屋店